人身事故それとも物損?

交通事故を起こしてしまった時、かなりのショックがあります。
事故を起こした、という事に加えて被害者の方が怪我をしたとなると、もう頭の中が真っ白です。
しかし私たち車を運転する者の責任として、怪我をされた方の救護、さらに警察、救急などへの連絡、後続事故を引き起こさないための作業など、しなければならないことがたくさんあります。

軽妙な事故で車同士がぶつかりへこんだという場合でも、事故証明がないと保険が利用できないため、通常、警察を呼び確認してもらい、事故証明が出せる状態にしておきます。
この時、怪我がそれほど大きくない、痛みを感じない、怪我をしていないと思っていた、という事であっても、後から痛みが発生したり、怪我をしていることに気が付くという事もありますので、やはり、病院へ行って診察を受けるという事が大切でしょう。

ただ、交通事故を起こして警察を呼んで事故の状況を確認してもらい、その時、お互いに軽いけがをしていても、軽症であると「人身事故にするようなら届け出をしてくださいね」と、物損で処理する事が多いです。
警察官の中には何かあるといけないから、病院で診察を受けた方がいいよという方もいますが、ほとんどは事故の当事者任せです。

当サイトは「警察は人身事故にしたがらないのか?」という事について情報を掲載するサイトです。
交通事故も物損か人身かそれによって処分や保険の慰謝料など大きく変わっていくため、慎重に進めていくべきですが、なぜ警察は人身ではなく物損にしたいのかその点を探っています。
交通事故に関係する方へちょっとした情報となれば幸いです。

Copyright © 2014 警察は人身事故にしたがらない!? All Rights Reserved.